不動産売却の心構え

家族が増えたなどの理由で、それまでの持ち家を売却し新居を購入することがあります。このような買い物をする時、全て現金で事を済ませる人はほとんどなく、これまで住んでいた家のローンを精算しながら、新しい家のローンを組む人がほとんどです。そして大半の場合、新居を購入してスタートしたローンは以前の家で支払っていた額よりも多くなります。ここまでリスクを背負う不動産売却を出来るだけ負担を少なくしながら無事に済ませられる方法はあるのでしょうか。

自分の家を売りたいと考えたら窓口となる不動産業者選びから始まります。家を買う時と同様、売る時も信頼できる不動産業者を見つけることがキーポイントとなります。ただ何でもおまかせだと、知らない間に自分達にとって不利益な条件を了承させられてしまっていたことも出てくるので、売却までの手順については、しっかりと把握しておきます。売却の時には公的書類もいくつか必要になるのであわてずに準備出来る様にしておきましょう。

そして不動産の価値を決める査定内容について知っておくのも参考になります。自分の持ち家が何年か住んだ後に、どのように査定されるのかがわかれば、複数の不動産業者からどこにするのか迷った時の判断材料となります。もし査定前に準備できることがあれば、予めしておくことで少しでも高い査定金額をつけてもらえることも可能になります。 ここでは、不動産売却の時の業者選びと査定内容について紹介していきます。

信頼出来る不動産業者

自分の家は、不動産業者を仲介として販売します。不動産業者の役割ですが、高い物件の取引では公的書類の手続き等が多数必要になります。業者はそれを専門的立場からアドバイスを行い、売主と買主がトラブル無く物件の引渡しが出来る様・・・

持ち家の査定について

不動産売却で現在の自分の持ち家がどう査定されるのか、査定の基準となる項目を知っておくと役立ちます。 査定は、物件が建つ土地と建物の面積、築年数、駐車場の有無を基本に、最寄り駅までの距離とスーパー・・・